世界樹の水やり

この世に関して自分の意見なり解説なりを適当に書いてみる。

すぐにねむたくなくなりました。

で、今日思いついたというか前から暖めていたねたを忘れないようにメモ。

「自分なりの輪廻転生を描く」

すばらしいですね。
たぶん読み返す確立は限りなく低いですが、メモらないよりはまし。

もうすぐ4月。

のこり4ヵ月半。

がんばるで。


忘れないうちにまとめてみる

・二酸化炭素を削減するため功をあせった中国あたりが遺伝子改造植物をばら撒く。
 最初は良かったが、繁殖スピード速すぎて人類の使える炭素量が減る。寒いし食べ物少ない
 花粉を吸うと変態してしまって化け物に
 そんな腐海との戦いを繰り広げていく人類の話

・巨大移民船が新しい惑星へ向け宇宙航海を続けている。
 大半は冷凍されているが、メンテナンスのため、それなりの規模の人が暮らしている。
 しかし、何かのトラブルがあり、宇宙船内の文明が崩壊する。
 それから数百年?ガキが少女を解凍していろいろトラブル

・怪人と戦うヒーローたちの話。
 縄張りとか報酬とかの泥臭い話を混ぜる。
 零細ヒーロー事務所が賭けに出て大会出場を目指すが、肝心の超人が怪我する
 そこで引っ張り出されてきた学生がいろいろごまかしながらがんばる話

思い出したのがこれくらい。
どれもプロローグばかりで恥ずかしい。
最近は日曜日は更新しなければという意識が芽生えてきた。

これを発展させ、何曜日には何を更新する、というところまでもっていきたいなあ

きょうは予告どおり「トップをねらえ?」で




巨大ロボット対宇宙怪獣

巨大ロボットをメインに据えるべし

となると、敵もでかくなるなあ
宇宙怪獣しかないっしょ

けど、人対人の戦いにしたほうが栄えるよね
ガンダムとかみたいにシリーズばんばん出て

じゃあ、怪獣いらんし、ロボットもいらんじゃん





そうか、消したらいい!!



というわけで決まったプラン


宇宙怪獣が地球にやってくる
大きな犠牲を払い、やっつける
第2、第3の怪獣に備えるため、世界を一つにまとめ、挙国一致体制で臨む


が、やってこない
50年ぐらい


いい加減痺れを切らした人たちが台頭してくる
テロとかもおこる
上層部は腐ってる
宇宙怪獣最高とかいうへんな宗教も存在している

そんななでの、怪獣への戦力になるのであれば、なんでもOKという時代につくられた使い道のない巨大ロボットでの話


巨大ロボだけあって、巨大な発電設備(核融合とか思わせておいて、怪獣起源のものとか)
を装備しており、周辺へ強力に送電中

そのあたりのこととか、裏とかあって、取り潰しは免れている。

そこへ配属されてくる何年ぶりかの新兵

まわりは濃いおっさんとか、ぼけかけてるような爺さんとか、マッドサイエンティストとか、謎の司令官
そのなかに場違いな少女(ロボットの鍵、エンジンとかかわりあり?エンジンにするとまじでトップ2になるよ)

最近、配属が始まった大型高速爆撃機部隊(成層圏外も飛ぶよ)とかとの軋轢とか、地球とか月とか火星とかでの怪しい動きとか最悪のタイミングで、再び出現する宇宙怪獣

どうなるんだろうねえ


って、やっぱりトップをねらえだな、これ

異☆人との共闘とかも考えてるが、もうちょっと暖めておこうと思って3年半

ふー

ほかにもいろいろ話を考えてきたが、だいたいこの段階でストップする(プロローグで終わってしまう

だが、これからはブログという場を生かして、推進していくぞ