世界樹の水やり

この世に関して自分の意見なり解説なりを適当に書いてみる。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この世に対する意見を述べるとか言っておきながら、まったく言ってなかったので、言ってみる。

地球温暖化対策として、巷では原子力発電所の建設計画がいろいろと進んでいるようである。

が、私は「商用」原子力発電建設には反対である

高速増殖炉などの実験的発電所は大いに結構だが、ウランという貴重な資源を浪費するのは許せない。

石油・石炭・天然ガス等の化石燃料、風力・水力・太陽光等の自然エネルギー、これらとウランなどによる原子力エネルギーはまったく別物だといえる。

化石燃料も自然エネルギーも太陽から降り注ぐエネルギーの形が変わったものであるのに対し、ウランが持つエネルギーは超新星爆発によって蓄えられた物なのである。

そして、莫大なエネルギーを内包しているため、太陽の恩恵を授かれないところ、つまり太陽系外でも長期にわたり使用可能。

しかしながら、化石燃料が充電池のように太陽エネルギーによって再び生成できるのに対し、原子力エネルギーは使い捨て電池、再生は超新星爆発でも起こさない限り不可能である。

だからこそ、使う技術は磨くにしても、ウラン自体はここぞという時のために温存しておくべきだと声を大にして言いたい

二酸化炭素なんか、なりふり構わず、植林等により固定化させてしまい、しっかりリサイクルを行えばいい。

地中から電池掘り出して使ってばかりいたツケが出てきたのだから、しっかり充電すればいい。

ようは地球に降り注ぐ太陽エネルギーをどれだけ効率的に使うかであり、それでも足りなくなれば、太陽エネルギーを受ける面積を増やせばいいだけ=他惑星への進出

ということで、詳しくは「我が妄想」で
(正月明けからまったく進んでないなあ)
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bigk.blog112.fc2.com/tb.php/45-15208889
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。