世界樹の水やり

この世に関して自分の意見なり解説なりを適当に書いてみる。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の冬コミの作製中に前から漠然と思っていたことを再認識したのでメモ。


言葉というのは我々が自分の考えを伝えたり記録したりするのに欠かせないツールです。
他者に対してのみではなく、自分の頭の中で物事を考えるのにも必要であります。

しかしながら、真理をすべて言葉で説明できるかというと、そんなことは不可能です。
なぜなら、言葉というものは我々が認識した現象に対して与えてきた記号だからです。
我々が認識していないものに対しては言葉も与えられていませんので、そういったことは言葉に表すことはできないのです。

が、我々の脳がその心理を認識できないかというとそういうわけでもない。言葉が存在していない、与えられていないものでも見ることはできるし触ることもできるし、考えることもできる。
しかし、それを表す言葉が定義されていないので、他人に伝えたり、記録に残すためには、存在している言葉をかき集めて説明するしかないのです。
そして、それに対して新しい言葉が創り出され、その説明とセットでたくさんの人に広がり、相互に使用できるようになると、その物事を互いに簡単に相談できるようになります。

何が言いたいのかというと、言葉は真理の後から付いてくるものであり、真理ではない。
言葉は思考を推し進める便利な道具ではあるが、それに振り回されて真理をないがしろにしていてはいけない、という愚痴を言いたかっただけです。

言葉にできない思いや考え、これを人に伝えるのはとても大変です。
私もがんばりますので、皆さんもご協力お願いします。

(私>)真理>言葉にできない思い>言葉

おしまい
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bigk.blog112.fc2.com/tb.php/424-87c67d53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。