世界樹の水やり

この世に関して自分の意見なり解説なりを適当に書いてみる。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目の付け所がおかしなメーカーから、たらいまわしの挙句、「部品なんて売るわけねだろ、金払って修理しろ、ボケ」と受け取られかねない対応をされ、むかついたのでしばらく放置していた冷蔵庫ですが、ホームセンターでゲットした温度ヒューズを無理やり用い、無事修理が完了いたしました。

3日ほど経過中ですが、冷蔵庫も問題なく冷やされており、霜取りの排水も確認できています。

以下、個人的妄想

やっぱり、マイコンの中に5年ぐらいたったら温度ヒューズが切れるまで温度上げろ、というプログラムが仕組まれていたに違いない。
すべての冷蔵庫に実装すると問題なので、一定の確率で発生するようにしておくと。
そうすれば、修理代の収入もある程度確実に計算に入れられるので、サービスマンを雇用しておいても堅実に儲けられると。
次は絶対違うメーカーの冷蔵庫買うぞ!
妄想終わり


ただ、心配な点は、温度ヒューズの防水加工。

もともとは、配線の被覆と、温度ヒューズが入っているチューブが溶着されていたのですが、チューブを再利用してヒューズに被せ、電気配線との隙間をコーキング材で無理やり埋めているのみ。
思い切って全部埋めてしまえばよかった気もするが、100Vがかかっても火が吹かないかも不明だったので、やっぱり埋めなくて良かったと自己完結。

中に水が大量に入っても、もともとほとんど抵抗の無いヒューズなので、通常の動作には問題ないですが、仮に何かが壊れて温度が上がった場合、水でヒューズをショートした状態だと霜取りヒーターに通電し続けるのでちょっとやばいです。

200Wのヒーターといえども、密閉空間でつけっぱなしはまずい。
最悪火事?
後は配線の腐食とか?

しばらくしたらチェックしてみよう。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bigk.blog112.fc2.com/tb.php/271-6b28db4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。