世界樹の水やり

この世に関して自分の意見なり解説なりを適当に書いてみる。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パイオニア・アノマリーという現象があるそうです。

パイオニア10号と11号の速度を調べると、なんか謎の力で太陽に引き寄せられているそうです。

最近しりました。
で、すぐ思いました。

これはコリオリの力だ!


4次元球の表面である、この3次元宇宙。
4次元球が回転していれば、当然のように3次元宇宙にもコリオリの力が働くでしょう。
すぐに計算して、この4次元宇宙理論を証明してやんよ。


結果:挫折しました。

4次元、パネェっす。
だって、平面を軸に回転するとか言われるんだもの。
意味不明。

もわもわっと感じたのは、まず太陽系の回転軸が4次球の回転軸(平面)に含まれると勝手に考える。
それから、我々が慣性系と思っているのは、4次元的にみると、回転系。
そうすると、えー、太陽系の平面内の方向で、なんか速さに比例した素敵な力が働きそう。

実証方法?
強引に逆回しで衛星飛ばせば、外向きの力が働くかも。
絶対無理だろうけど。
(公転速度から減速する方向になるから、脱出速度に達する前に太陽に墜落。)

彗星とかどうなん、とか言われるかもしれません。
銀河の中を回っている太陽系についても考えろとか言われるかもしれません。


わかりません。
たぶん、周回運動はいろいろと免除されるのでしょう。


暇を見つけて、検討を進めていこうと思います。
だれか助けて。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bigk.blog112.fc2.com/tb.php/270-c19250db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。