世界樹の水やり

この世に関して自分の意見なり解説なりを適当に書いてみる。

彫ろうとする木の中にどんな仏がいるのか、どんな姿をしてどんな表情をしているのか、
それがわかるまでじっとまつんです。
そしてその姿がみえたら、それを心にやきつけて毎日木をみつづけるのです。
そのうちに中の仏が出してくれと叫ぶようになる。彫りだしたくて彫りだしたくてたまらなくなってくる。
もうがまんができないというところまできて、やっと彫るのです。
(「ガラスの仮面」より抜粋)


まだ、おぼろげにしか見えてきません。

締め切りは7月末で。


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bigk.blog112.fc2.com/tb.php/243-aa67431a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック