世界樹の水やり

この世に関して自分の意見なり解説なりを適当に書いてみる。

なんか脊髄反射的に書く記事は全てお年寄り叩きになっているきがするので、お口直し

前にも書いた通り、富山あたりまで徘徊してきたわけですが、ダムが沢山ありました。

ダムというのは色々種類があるそうで、説明しようとしてぐぐってみたら、いっぱい種類があったのであきらめました。
ぐぐってください。

IMG_0240_1.jpg

これは黒部ダムですが、この放出している水。実はただの客寄せパンダです。
なんの意味もございません。ダムが溢れそうなときに放出するぐらいでしょう(それも上の放出口がメイン?)。

水力発電は、ダムの水面の高さと発電所の間の落差を利用して発電しているので、写真のように上のほうからほかすのはエネルギーをほかしているのと同じことになるわけですね。
前々から自分でも疑問に思っていて、明らかに無駄じゃねーのと考えていましたが、百聞は一見にしかず。
発電所自体はここから数キロ離れた山中の地下深くに存在しています。

地下にあるのは雪を避ける+環境保護のためだそうで、全ての発電所が地下にあるわけではありません。

IMG_0387_R.jpg

こんな感じでダムから別のところにドデカイ配管で水を運び、発電しているんですね。


IMG_0406_R.jpg

これがフランシス水車というもので、フランシスさんが開発した水車です。
この先にモーターが接続され、発電を行います。
ペルトンさんが開発したペルトン水車というものもあります。

ちなみにこの水車が展示してあるのは御母衣ダムの近くにあるMIBOROダムサイドパーク 御母衣電力館なのですが、私が行ったときは残念ながら定休日でした。


IMG_0407_R.jpg


通りがかりに発見し、まるでそびえ立つクソだと写真を撮ってたんですが、ひぐらしと関係があったとは……。

御母衣ダム
IMG_0409_R.jpg

ダム湖
IMG_0417_R.jpg


アルプス周辺はこんなダムが沢山あるので、皆さんも近くを通る機会があれば立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bigk.blog112.fc2.com/tb.php/187-043c257c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック