世界樹の水やり

この世に関して自分の意見なり解説なりを適当に書いてみる。

ボーっと過ごしていたらあっという間に1週間です。

というかベトナムに来て一ヶ月ですね。


やってられるか!


いろいろとストレスが溜まってきて沸点が下がってきている気がします。
いや、温度が上がってきているから容易に沸騰するというべきか。


とにかく、締め切りが6月なのでがんばって見ます。

正直、ググればどうにでもなることばかり書いていて、これを本にして何か面白いのかという感想をお持ちの方が多いと思います。

私もそう思います。

しかしながら、まだ下書きであり、これが本になった暁にはオリジナリティーあふれるわかりやすく面白い代物になる予定ですので、もうしばらくお待ちください(予定は未定)。


原子力発電は死ねとかよく言われますが、その原因は何なのでしょうか。

ずばり、核燃料や使用済み核燃料が人間とか動物とか植物に有害だからです。

核分裂すると大きな原子核はばらばらになり、最終的に鉛になります(鉛は安定しているのでそれ以上分裂しない、かな)。
で、この鉛にまで小さくなる際に色々とカスが飛び散るわけですが、こいつが厄介なわけです。
こいつらは放射線と呼ばれていて、原子力がらみだと以下の3種類が有名です。

アルファ線: ヘリウムの原子核、紙切れ一枚ぐらいで止まる。
ベータ線 : 電子、まあ止まりにくい。
ガンマ線 : 電磁波、全然とまらない。

で、一番怖いのはなにかというと、紙切れ一枚で止まってしまうアルファ線です。
なせかと言うのは、まあ以下の例えでも見ておいてください。

強力レーザー光線: まあ穴が開くけど死なない
徹鋼弾: 当たり所が悪いと死ぬけど、まあ助かるでしょう
ホローポイント弾: まあ死ぬんじゃね?

貫通するということは対象の物体に対して大してエネルギーを与えていない、つまりあまり壊していないということになり、逆に貫通しなかった場合は全エネルギーが対象に与えられ、破壊されるということになります。

外部からアルファー線がくる場合は容易にストップできるが、このアルファー線を撒き散らす諸悪の根源が体内に侵入してしまった場合、周囲の細胞がアルファー線によって遺伝子を破壊され、ガンになってみたり、いろいろしてしまうわけです。

とても怖いですね。



怖すぎて気力ゲージがなくなったので、続きはまた今度。
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/04/21(火) 05:22:59 | | #[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bigk.blog112.fc2.com/tb.php/153-5aa65788
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック