世界樹の水やり

この世に関して自分の意見なり解説なりを適当に書いてみる。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新しなければという気概が無くなってきた。

これぞ三日坊主。

そんなポンポン人類の行く末について書くことが浮かんできたら苦労しないし。



なので今日思ったどうでもいいこと

どこぞのマスゴミが詐欺師に密着取材しておきながら、その詐欺に気がつかなかったらしいですね。
たぶんドキュメンタリーとか言いながら、脚本が先にあって、その素材集めの作業になっていたのでしょう。
見てないから、勝手な想像ですが。

でも取材という文字からして、そのことを表しているわけで、何かを聞いて回るときも自分なりの想像というか言いたい結論があるから、取材ということになるのかな。
スポンサーサイト
自然淘汰説というものがある。

今、wikipediaで調べたら、自然選択ともいうらしい。

いろいろと突然変異を引き起こす中で、環境から様々な圧力を受けることにより生存率の高いものが選択され、繁栄するというものである。

簡単にいってしまっているが、いろいろと世間的に流行っている解釈がよろしくない。
突然変異して、たまたま環境に適した変化をしたものが生き残っているのだ、という解釈が。

私の偏見かもしれませんが。

え、何がいかんの?と思うかもしれないが、もしあなたが会社経営をしていて、いろいろと会社を伸ばす試み考え実行をして、その結果、会社が躍進を遂げたときに、まぐれ当たりですね!とか言われたらどうだろうか。

今、私たちがいるのは、偶然の変化の結果ではなくて、絶え間ない進化への挑戦の結果である。

そして、ただボーっとしていたら、待つのは滅亡有るのみ。

どんどんと生存圏を拡大するよう様々な努力を重ねなければ人類の繁栄は無い。


宇宙進出!!


ということで、もっといろいろ書くつもりで始めましたが、疲れたので今日は切り上げます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。