世界樹の水やり

この世に関して自分の意見なり解説なりを適当に書いてみる。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の冬コミの作製中に前から漠然と思っていたことを再認識したのでメモ。


言葉というのは我々が自分の考えを伝えたり記録したりするのに欠かせないツールです。
他者に対してのみではなく、自分の頭の中で物事を考えるのにも必要であります。

しかしながら、真理をすべて言葉で説明できるかというと、そんなことは不可能です。
なぜなら、言葉というものは我々が認識した現象に対して与えてきた記号だからです。
我々が認識していないものに対しては言葉も与えられていませんので、そういったことは言葉に表すことはできないのです。

が、我々の脳がその心理を認識できないかというとそういうわけでもない。言葉が存在していない、与えられていないものでも見ることはできるし触ることもできるし、考えることもできる。
しかし、それを表す言葉が定義されていないので、他人に伝えたり、記録に残すためには、存在している言葉をかき集めて説明するしかないのです。
そして、それに対して新しい言葉が創り出され、その説明とセットでたくさんの人に広がり、相互に使用できるようになると、その物事を互いに簡単に相談できるようになります。

何が言いたいのかというと、言葉は真理の後から付いてくるものであり、真理ではない。
言葉は思考を推し進める便利な道具ではあるが、それに振り回されて真理をないがしろにしていてはいけない、という愚痴を言いたかっただけです。

言葉にできない思いや考え、これを人に伝えるのはとても大変です。
私もがんばりますので、皆さんもご協力お願いします。

(私>)真理>言葉にできない思い>言葉

おしまい
スポンサーサイト
いろいろ思うに、素晴らしい、少なくともここ何回かの無気力直前でっち上げ妄想よりもましな確たるものを次回までに用意するためには、まずは生活環境の改善が必要と考えられる。

とくに主な入力デバイスとなるパソコンの設置場所。

現在我が家ではノートPCがメインマシンとなっているが、その設置場所はベッドである。
そう、寝ながら使用しているのである。
この寝ながらというポジションは就寝前に体力の限界まで世界情勢を収集し続けるという遂行たる目的のためには非常に優れた姿勢ではあるものの、何かを書き続けるというのには全く適正の無い姿勢でもある。少なくとも私にとっては。

iPadもWindowsタブレットもあるので有るからして、ノートPCまで寝台に置く必要性は皆無とは言えないものの、机への固定化によって得られる創作(妄想)活動への寄与と比較すれば、当然机上への設置が望ましいことは明らかである。

現に今、ホテルの机の上に固定したノートPCというものがどれだけブログの更新というものに役立っているかを見れば一目瞭然である。

従って、正月休み明けに実家から我が家へと帰還した際には必ず、真っ先に机の上へノートPCを置くことが必要とされる。幸いに今回の冬コミ用冊子突貫製作のため、普段はゴミか残飯で埋もれている机の上のスペースはある程度確保されたままであるため設営に大きな問題ない。
こういった身の回りの小さなことからカイゼンをはかり、より良い作品作りへ繋げていきたいと思う所存である。
冬コミ終了。

今回は全然やる気が出ず、直前に大慌てで仕上げ完了したのが出発の三十分前という体たらく。

サークルカットで書いていたのとは内容も違うし、色々と思うところがございました。

毎回次こそはとか言いながら、いつも同じ事を繰り返してますが、次こそはもっとマシなものにしたいと思います。(フラグ)

まずは素早く申し込み!
(正月終わってから)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。