世界樹の水やり

この世に関して自分の意見なり解説なりを適当に書いてみる。

実家に帰り、周りにiphoneぐらいしかない状態に追い込み、なんとかブルーバックス2冊読了。
とにかくよく寝て、おんなじ動画を見続けていた。



そして、暇すぎたので、自分の狭い独房へ舞い戻りました。
あと一冊は読みきりたいなあ。(残り6冊)



今回得た豆知識

水をやらないと植物がしおれるのは、二酸化炭素を取り込むときに、いらん酸素とか窒素は素通りしていくけれども、一緒に植物内の水も出て行ってしまうからだそうです。
空気が乾燥してるときは、さらにじゃんじゃん水が出て行ってしまうので、サボテンなんかは夜の間にせっせと二酸化炭素をアスパラキン酸に変換して体内に蓄え、その貯蓄で昼間光合成をしているそうで、外からは二酸化炭素を取り込まないらしいです。
二酸化炭素のストックがつきると、仕方なく外気を吸い込み光合成を続行したりもするらしいですが。
日が当たった葉緑体はせっせと光合成をして、エネルギーを吐き出さないと焼け死んだりもするらしく、昼間の間は細胞の中で配置を換えて、日が葉緑体に当たらない様にするとか、いろいろ植物も頑張ってるそうです。