世界樹の水やり

この世に関して自分の意見なり解説なりを適当に書いてみる。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇宙進出、宇宙移民をいくら唱えたところで人々の心は動かない。

だって、それを実行した後の姿が思い浮かばない。

ああ、こんなに素晴らしい未来があるのか、という具体的な姿を見せる必要がある。

そのためには、ある程度のお話をつくって盛り上げ、そしてそんな世界の中では、地球上にこびりついて生き延びるという形態はとっても惨めであるとこき下ろす、といったイメージ操作を行う必要がある。

目先の利益を示すことは不可能というか、お金という観点では利益は無いので、そういった手段しかない。

宇宙進出に関して、目先の利益が発生し始めるのは、地球上で簡単に採取できる資源が枯渇し、宇宙にまで取りに出かける必要が生じた時である。

どんな状態か考え、酔っ払った頭ですっと出てきたのは、地球上で人類が繁栄して、存在する資源がすべて活用されている状態、つまり資源が設備に変換されていて、どっかよそから資源持ってこないと増築できない状態。

あとは、地球上に降り注ぐ太陽エネルギーを余すことなく使いつくし、これ以上のエネルギーを得るには宇宙に範囲を広げ、キャッチできる太陽エネルギーを増やす必要がある時。


そんな究極を待つには先が長すぎるし、待っている間に隕石ボカーンとかコマンドー的な第三次世界大戦で人類ボカーンてなりそうなので、やっぱり早いうちから宇宙進出したいから、イメージ操作もがんばりたいと思います。


最近は未来想像図というものを見ることが無いけど、子供向けの雑誌とかでは掲載されているのかな。
夢を抱くことは、進化の原動力!
スポンサーサイト
今日は


最貧民層を減らすプロジェクトやら何やらという書き物をチラ見した。
先進国が発展途上国に貢いでいるらしい。

そんなことをやっているから、最貧国は最貧国のままなのである。
経済競争の無かった共産主義国が低効率にあえいでばたばたと倒れていったのと同じ。
周りから恵んでもらえるというのも一つの進化形であるが、全体の足を引っ張っているのは自明であり、その形態はがん細胞となんら変わりない。

そんな貧困層の簡単な除去方法は外科的方法であるが、その方法はどっかの正義の国が自ら封じてしまったし、健全な部分も巻き込んでもしまう。

あらたなルールを叩き込む遺伝子治療も一つの手で、これは戦前の日本が取っていた手法であるが、これもどこかの正義の国が封じてしまった。

残っているのは栄養補給を断ち、日干しにする方法ぐらいしか無いけれど、これはどっかの正義の国の人権原理主義者が妨害する。


うーん、やっぱりどうしようもない気がするので、もともと自己完結していた所を補助ブースターに改造して使用後切り離して知らんぷりしている宗主国か、どっかの正義の国が何とかするしか無いね。


と思いました。
昨日無事帰国し、今日は寒い中、図書館へ行ってきました。

が、抱いていた不安的中というか、市の図書館らしいというか、一般書がほとんどで、社会制度のことを論じたものが見当たらず、肩透かしを食らった感じです。
専門書とかはやはり大学の図書館にいかんとだめですかね。
今日行った図書館は出張所みたいな感じのところなんで、今度は中央図書館に挑戦してみます。
ネットで蔵書の検索ができたりもするそうなんで、関連しそうな本を事前にチェックするのもよいかも。

ウィキペディアで粘ってみてもいいですが、辞書をぺらぺらめくっている感じで、体系だっていないのが難点です。
調べたいことが分らない!状態。

ちょっとずつではありますが、前に進み、ついネットをして時間を浪費する自分を変えてみたいと思います。
(今日もこれからネットしますが)
64
気を抜くと数日経っている今日この頃。

土曜日は連続焼肉、日曜日はチキンラーメン、月曜日はコロッケ、今日もコロッケでした。

あと二週間ぐらいしたら帰れる!

はず。


63
焼肉

以上
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。