世界樹の水やり

この世に関して自分の意見なり解説なりを適当に書いてみる。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我々の体というものは一個ではなく約60兆の細胞から成り立っている。
私の展開する超理論では、全ての細胞は自己を持っているということになるが、そんなようには感じられない考えられない人が多数のはずだ。

しかし、納得できない人が存在するというのは鯨、海豚は高等な生き物で牛は肉だというよく分からない線引きをする人に論理的説明が通用しないのと同じ問題なので、無視することにする。

で、言いたいことというのは人間(鯨でも海豚でも牛でもいいけど)は60兆もの細胞が集まって成り立っている一つの国家で有るが、そんな国での統治政策というのはどんなものなのだろうか?
全ての細胞に基本的細胞権が有るものとし、生存権が叫ばれ、生活保護法が施行されたりしているだろうか?
それとも厳しく監視され、ちょっとでもおかしな兆候があれば自殺することを強要され、自殺できないものは強制的に処刑される、そんな恐ろしい社会なのか?

ま、きっと後者が正解なんですが、細胞がその状態をどう考えているのかは不明ですが、抑圧された状態を様々なテクニックを使って抜け出し、革命を起こすことに成功する細胞(癌細胞)もいるので、不満に思っている細胞も多いのでしょう。

人類が絶え間無く宇宙へ拡がっていくためには全人類が力を併せる必要がある。
その偉業を成し遂げた社会を傍からみると、全ての人が同じ目標を見定め、人類の宇宙進出という尊い目標のため厳しい労働にも耐え、家庭では(最適化した結果家庭というシステムが残っているかは別にして)ささやかな幸せを楽しみ、また次の日も皆人類のため働く、という素晴らしい社会に見えるでしょう。
世に有名なディストピアというものですね。

宇宙進出のためにはそういった現代人からすると過酷な環境で過ごすことが求められるかもしれませんが、本人たちにとってはそれが普通なので問題ありません。
その中で反乱でも起こそうものなら叩き潰されるか、政府崩壊の上、抑圧から解放された人が好き勝手資源を浪費し、それを抑制するためにギロチン祭りの挙句、旧体制に後戻りとかどっかの革命みたいに本末転倒なことになることでしょう。

夏コミではサークルカットで「今度こそ宇宙移民だ」と大風呂敷を広げています。
宇宙移民、宇宙進出と言うと真っ先にどんな技術を使ってどんな凄い宇宙船を作るのか考えようとなりますが、私の場合、その辺の技術的な話をするのは大変だし頭が着いていかないので、そんなに凄い宇宙船をポンポンと捻り出すにはどんな社会が求められるのか、というあんまり細かいところまで考えなくてもいいし、答えも存在しない論点を中心にして話を展開し煙に巻きながら風呂敷を畳みたいと思います。
スポンサーサイト

 日曜日にだらだらし過ぎたのか風を引いてしまったようです。

 インフルエンザ!と叫べば、しばらく休めそうですが、ややこしいことになりそうなので粛々と働きます。


 で、本日はなんでそんな勝手に分裂しちゃうような状態になるまで原子核がでかくなったのかということについて述べたいと思います。

 陽子同士は反発しあっているらしく、普通には引っ付きません。でも電子とは仲がよく、一緒になります。
 これが一番単純な水素原子です。そして水素原子同士になると反発することはなくなり互いに分子間力かなにかで引っ付いて水素になります。水素同士も反発はせず、互いに惹かれあって塊をつくり最終的には恒星となります。

 恒星の中心では外側の水素がドンドンと中心へ押してくるため、陽子と電子の絆が引き裂かれ、陽子同士の心理的な境界線をつきやぶり合体したりいろいろします。


       ______       |
    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、   i       あ
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、  ヽ  つ   あ
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  〉  ぎ   :
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|  /  は   :
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;| |    ヘ
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;| |    リ
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i |   ウ
 |i 、|   ' ̄"彡|         || | |    ム
 |'. (|       彡|          |)) | .|    だ
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i  |   
  ヽ_|        `         .|_/  ノ_
   .|゙      、,.--‐ 、,,     |     ヽ、_,,,、_ノ
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |


 この押し競饅頭の要領で原子核がどんどんと大きくなっていくかというと、やっぱり限界があるもので鉄が限界です。
詳しくはwikiでどうぞ→原子核融合

 それ以上の大きさの原子核はwikiにも書いてある通り、超新星爆発のような衝撃がなければ誕生できません。ウランもそんな衝撃のなか生まれたわけで、人間が人為的に作り出すということは今のところ不可能です。
 つまり、大事に使わないと石油とかと違ってなくなっちゃうよ、ということです。地球をくまなく掘ってみたり、他の惑星に行けば腐るほどあったりするとは思いますが、せっかく近くに無駄にエネルギーを振りまいている太陽があるわけですからこれを使わない手は無いでしょう。
 ウランは節約して、太陽のエネルギーを利用できない外宇宙へ旅立ちのために備蓄しておかなければなりません。 ウラン利用方法の研究開発は重要ですが、二酸化炭素が出ないとかいうふざけた理由だけによる無駄遣いは許せません。(再処理をばんばんしてプルトニウムを貯めまくるのであれば良いですが)

 原子力発電反対!原子力開発賛成!

 でも宇宙空間でのウラン利用方法の研究なら月とかでやったほうがいいのかな。
(不安定、安定ということについてはマジックナンバーでぐぐればたぶんいろいろ出てきます。そのうち書きます)


 というところで今日はおしまい。
明日は久々の休みです!!
テンションあがってきた!!
寝るぐらいしかやることないけどね!!

そのへんうろついてる牛でも見に行こうかな


で、久々の下書きですよ

ウランとかが分裂するとエネルギーがでます。
こいつはなんでエネルギーがでるのか。

実は質量がちっさくなるらしいんですね、これが

え、質量ってへるの?質量保存の法則は?馬鹿なの?死ぬの?

そうなのです。
アインシュタインという人が導き出したE=mc^2とかいう式ですよ。


という一般常識はどこかに置いておいておきましょう。
やっぱりエネルギーときたら4次元ホール理論ですよ。
だいぶ前に書いていますが、対消滅は四次元方向の穴が埋まっただけで素粒子は消えてないってやつです。

で、これを今回の核分裂に当てはめて考えて見ましょう。
たくさんの陽子と中性子が集まってできた原子核。
構造的に重心が四次元方向に浮かぶこともあるでしょう。
そして、ちょっとぐらぐらして不安定です。
崩れて2つに分裂すると、全体の重心は低下するので、その位置エネルギー分だけ運動エネルギーとかにかわる、というわけです。

水の上を走る船が形によって受ける抵抗が変わるように、物理学において定義されている質量というものが、原子核の構造とも関連があるとすれば、分裂後の構造はスリムになっていて、うける抵抗値の合計が分裂前の抵抗よりも少ないということも当たり前田のクラッカーとなるわけですよ。


普通に解説すると、核分裂前と核分裂後では中性子とか陽子とか電子の数は変わっていないけれども、結合エネルギーを計算すると、分裂後のほうが低くなっており、その分、質量も減っているという感じだった気がします。


つまり、まるままパクッて言葉変えただけともいえるわけですね。
ミジメ。



原子力特集は失敗だったかな……
なんかかなりだるくなってきています。

はやくマイスイートホームに帰りでんな。


そんな気持ちのまま、ちょっとだけ更新。



核分裂する物質として有名なのは、なんといってもイエローケーキ

つまりウランなわけですが、そのへんに埋まっているウランの大部分は臨界反応、つまり連続した核分裂をおこしません。
ウランの中でも特別なウランがあって、そいつをかき集めて、初めて連続的な核分裂を起こすことが可能となります。(天然ウランでもできないことはないですが)
普通の原子炉の場合、この特別なウランの割合は数%でよいですが、原子力爆弾とかはかなり90%とかまで濃縮しないといけません。
あと原子力潜水艦とか軍用の原子炉は高濃度のものをしようしてます。たぶん大きさの問題と燃料をこまめに補給しなくてもいいようにでしょう。

で、この濃縮するという作業がなかなか大変らしく、北のほうの人たちとかいろいろがんばっておられるそうです。
濃縮した使えるウランさえあれば、バケツの中でも臨界反応は起こせて、ウマウマです。

使えるウランを濃縮すると、当然そのたの使い物にならないカスみたいなウランが大量に出てくるわけですが、これが巷で有名な劣化ウランというもので砲弾に使われたり、装甲に使われてみたりしているそうです。重たいですからね。

あと、このカスみたいなウランは原子炉の中においておくとプルトニウムに変化して、おいしくいただけるそうなので皆さんも試して見てはいかがでしょうか。
消費するウラン以上のプルトニウムが回収できるので高速増殖炉とか言われたりもしているようですが、ぜひともこのような研究は「もったいない」の精神に基づいて継続してもらいたいものです。
冷却用ナトリウムの配管が破れたぐらいでピーチクパーチク言いすぎです!
家の近所に建つとなれば全力で反対しますが



ではまた次回
ボーっと過ごしていたらあっという間に1週間です。

というかベトナムに来て一ヶ月ですね。


やってられるか!


いろいろとストレスが溜まってきて沸点が下がってきている気がします。
いや、温度が上がってきているから容易に沸騰するというべきか。


とにかく、締め切りが6月なのでがんばって見ます。

正直、ググればどうにでもなることばかり書いていて、これを本にして何か面白いのかという感想をお持ちの方が多いと思います。

私もそう思います。

しかしながら、まだ下書きであり、これが本になった暁にはオリジナリティーあふれるわかりやすく面白い代物になる予定ですので、もうしばらくお待ちください(予定は未定)。


原子力発電は死ねとかよく言われますが、その原因は何なのでしょうか。

ずばり、核燃料や使用済み核燃料が人間とか動物とか植物に有害だからです。

核分裂すると大きな原子核はばらばらになり、最終的に鉛になります(鉛は安定しているのでそれ以上分裂しない、かな)。
で、この鉛にまで小さくなる際に色々とカスが飛び散るわけですが、こいつが厄介なわけです。
こいつらは放射線と呼ばれていて、原子力がらみだと以下の3種類が有名です。

アルファ線: ヘリウムの原子核、紙切れ一枚ぐらいで止まる。
ベータ線 : 電子、まあ止まりにくい。
ガンマ線 : 電磁波、全然とまらない。

で、一番怖いのはなにかというと、紙切れ一枚で止まってしまうアルファ線です。
なせかと言うのは、まあ以下の例えでも見ておいてください。

強力レーザー光線: まあ穴が開くけど死なない
徹鋼弾: 当たり所が悪いと死ぬけど、まあ助かるでしょう
ホローポイント弾: まあ死ぬんじゃね?

貫通するということは対象の物体に対して大してエネルギーを与えていない、つまりあまり壊していないということになり、逆に貫通しなかった場合は全エネルギーが対象に与えられ、破壊されるということになります。

外部からアルファー線がくる場合は容易にストップできるが、このアルファー線を撒き散らす諸悪の根源が体内に侵入してしまった場合、周囲の細胞がアルファー線によって遺伝子を破壊され、ガンになってみたり、いろいろしてしまうわけです。

とても怖いですね。



怖すぎて気力ゲージがなくなったので、続きはまた今度。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。